SOHOは在宅ワークでもビジネス-在宅ワーク入門とガイド

SOHOは在宅ワークでもビジネス

在宅ワークが分かるサイトとして必要な情報、基礎知識を集め記事にまとめています。在宅ワーク活動の本題に進みます。

 

SOHOとは、「Small Office Home Office」と呼ばれるもので、主にパソコンを利用して、自宅を仕事場として仕事をする、というものです。

 

こういった、SOHO形式のワーキングスタイルは、近年では、ブロードバンドの普及に伴い、料金固定制でいつでもインターネットに接続することができる環境が整備されてきたこともあって、厳密に言うと在宅ワークとは違うのですが外に出て働きたいけれでも、育児や家事等に追われて忙しい、といった主婦の方等に幅広く利用されています。

 

広い意味では、起業だけではなくテレワークや在宅ワークもSOHOに入ると考えることができます。

 

テレワークとは、通信環境を利用して在宅あるいは遠隔地で勤務することです。

 

SOHOで収入を得るしくみはというと、SOHOの場合、企業や行政機関などからアウトソーシング(外部委託)業務を請け負うことで収入を得る、というケースが多いのです。

 

請け負う業務としては、データ入力やウェブサイト作成、プログラミング、翻訳などがあります。

 


SOHOは在宅ワークでもビジネス-2

高度な専門性を要求されるものから、単純作業に近いものまで様々あります。

 

在宅ワークでしっかり稼ぐには、何の仕事をしたいのかはっきりさせて個人のスキルアップを最重点課題にして取り組むことが大事です。

 

スキルアップすればおのずと収入も伴ってきます。

 

SOHOのデメリットを上げれば全て自分自身でやらなければならないとか全て自己責任でやらなければならないなどがあります。

 

SOHOは、単に在宅ワークという枠を超えています。

 

本来SOHOは、ビジネスです、アルバイトや小遣い稼ぎ気分でできるものではありません。

 

しかし、最近では、インターネットを使ったアフィリエイトなどに代表されるような小遣稼ぎの延長で収入が大きくなり、それをビジネスと称してなおかつSOHOであるかのように勘違いされている人が大変多くなっています。

 

SOHOは、取引をしてくれる企業や行政機関などがあり、それらの仕事相手との交渉や、あるときは、営業活動までする場合があるのです。

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトポリシー 第三者広告について 個人情報保護による表記 運営者情報