在宅ワークなのにcadで有利に独立も-在宅ワーク入門とガイド

在宅ワークなのにcadで有利に独立も

在宅ワークのコツとポイントを中心に必要情報を主としてまとめています。

 

それでは、本題である「在宅ワークなのにcadで有利に独立も」の記事に入りましょう。

 

子供がいて外に出て仕事をするのが難しい主婦の方や、職場の人間関係に気を使ってストレスをためるのがいやだという人に、自宅でできる在宅ワークが人気となっています。

 

一口に在宅ワークといってみても、本当にたくさんの業務があります。

 

例えば、在宅ワークで人気の職種はワードやエクセルを使ってのデータ入力、依頼主の要望に沿って文章を作成するいわゆる文字入力、さらにはCADソフトを使っての図面作成などがあります。

 

在宅ワークは、外で仕事をするより報酬が低いのですが、そんな中にあっても報酬が比較的高くて人気のあるのがCADの在宅ワークです。

 

CADとは、computer aided design(コンピューター支援設計)の略で、コンピューターを用いて建築や機械の設計を行うことです。

 

つまり、CADで在宅ワークと言ったら、ソフトを使って建築物や機械の図面を描くことだと考えていただければよいと思います。

 


在宅ワークなのにcadで有利に独立も-2

ただ、CADを使った在宅ワークを行なうには、実は建築の設計や機械の設計、さらに各分野の設計の知識が必要になります。

 

そのため、CADは誰でもができると言うわけではないのです、だから、その分報酬が高くなっているようです。

 

もともとCADを扱った経験があれば、簡単にはじめられる在宅ワークですが、もし、そうでない場合には、まずはCADをマスターする必要があります。

 

CADをマスターするには専門学校に入学して勉強する方法と、通信教育で勉強する方法があります。

 

専門学校に入ると学校からCADの仕事を紹介してもらえたりしますので、お勧めです。

 

ちなみに、CADの在宅ワークをするためにはパソコンとAUTO CAD等のCADソフト、プリンターが必要です。

 

CADに関する情報は、インターネットを活用すればいくらでも集められますが、やはり、これから始めようという人にはいきなり専門用語を羅列されても理解できないでしょう、そんな方のためにCADを分かり易く説明しているサイトをご紹介しておきましょう。CADスクールでAutocadの基礎は、CADとは何かから始まり、ちょっと専門的な情報までが掲載されているCAD初心者には、おすすめのCAD情報サイトです。

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトポリシー 第三者広告について 個人情報保護による表記 運営者情報