手作業は進歩した在宅ワーク-在宅ワーク入門とガイド

手作業は進歩した在宅ワーク

在宅ワークを知るために手がかりになる参考情報を中心として掲載しています。ここからは在宅ワークのポイントです。

 

在宅ワークといっても、本当に多岐にわたった仕事があります。

 

その形態も、雇用関係を持ち、自宅で働く在宅勤務と、雇用関係なしに、単に仕事を請け負うだけの在宅ワークがあります。

 

実際には、在宅ワークってどんな仕事があるのでしょうか?

 

パソコンを使う仕事は、本当に時代を反映してか、多くあります。

 

事務系としては、文章入力、データ入力、経理、アンケート調査、企画書作成などがあり、編集系としては、テープ起こし、ライター、エディター、コピーライタなどがあります。

 

美術系では、デザイナー、イラストレーターなどが、技術系では、ソフト開発、システムエンジニア、CADなどがあります。

 

専門系では、翻訳、経理代行、カウンセリングなどです。

 

独立系としては、アフィリエイト、情報起業、ネットショップなどもあります。

 


手作業は進歩した在宅ワーク-2

パソコン以外の仕事としては、従来からある手作業の内職である、包装・梱包、ビーズ・アクセサリー作り、組立て・加工、検査・検品、シール貼り、縫製・糸付けなど、仕事の内容は様々あります。

 

特に最近は、インターネットの普及によって社会も大きく変わり、ビジネスチャンスは、大きく広がりました。

 

しかし、受身だけではいつまで経っても仕事の幅は広がりません。

 

自分の得意分野を活かして売り込みする努力も必要です。

 

そして、ビジネスのやりかたを学べば、起業して高収入を獲得することもできる環境が整ってきました。

 

在宅ワークでの手作業といっても、時代と共に、大きく様変わりを見せてきています。

 

パソコンの普及、インターネットの一般化とますます在宅ワークでの手作業の仕事内容が変わり、がんばれば在宅ワークで独立ということも夢ではない時代がすでに始まっています。

 

その先駆者が、ヒルズ族と呼ばれる人たちですよね。

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトポリシー 第三者広告について 個人情報保護による表記 運営者情報