在宅ワークの入力には落とし穴も-在宅ワーク入門とガイド

在宅ワークの入力には落とし穴も

在宅ワークで知っておくべきポイントは日々欠かせませんが、参考情報をまとめてみました。在宅ワークのコツへご案内します。

 

厚生労働省による在宅ワークの定義とガイドラインでは、

 

「情報通信機器を活用して請負契約に基づきサービスの提供等を行う在宅形態での就労のうち、主として他の者が代わって行うことが容易なものをいい、例えば文章入力、テープ起こし、データ入力、ホームページ作成などの作業を行うものがこれに該当する場合が多い。ただし、法人形態により行っている場合や他人を使用している場合などを除く。」

 

と書かれています。

 

在宅ワークデータ入力と呼ばれるものには様々種類があります。

 

例えば

  • 資料などの原稿を元にして入力していくテキスト入力。

  • ワードを使用したレイアウト入力。

  • エクセルを使用したアンケートデータの入力。

  • 住所や電話番号などのように個人情報のデータ入力。

などが上げられます。

 

データ入力の在宅ワークは自宅でできる人気のアルバイトで、求人の募集は主にハローワークやアルバイト情報雑誌などに、データ入力のバイト情報や求人情報が掲載されていて、データ入力の募集広告は常に目にします。

 


在宅ワークの入力には落とし穴も-2

実際にデータ入力の募集広告に応募する前に、まずはインターネット上にある口コミのサイトや掲示板などでデータ入力の体験談を見るとともに、データ入力についての知識を得るようにしましょう。

 

また全ての会社がというわけではありませんが、以前話を聞いたところでは

 

「パソコンにデータを入力していく為に専用のソフトが必要になるんです。それで、そのソフトを購入していただかれなければ、このお仕事は出来ませんので皆さんに必ず購入していただいてるんですよ。」

 

などと在宅ワークをするために一度も報酬を受け取らないうちから高額なお金を出させる悪徳業者が存在するのも事実です。

 

このように、在宅ワークを斡旋するかわりに高額な器材の購入や、高額なソフトの購入を条件にしているような会社の仕事は受けない方がいいことが多いです。

 

このような高額な商品を購入させる会社の場合、購入させることが本当の目的で仕事の斡旋は二の次という所が多いようで、最初は仕事を回してくれるが徐々にその数が減ったり、ソフトを使いこなし会社の定める試験に合格しないと仕事の斡旋をしないという所もあるようですから。

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトポリシー 第三者広告について 個人情報保護による表記 運営者情報