添削は欠員待ちの在宅ワーク-在宅ワーク入門とガイド

添削は欠員待ちの在宅ワーク

在宅ワーク徹底ガイドを目差して参考情報を整理しています。在宅ワーク成功への課題に取り組んでいきましょう。

 

在宅ワークの委託業務の中に添削の仕事があります。

 

添削指導者(通信添削)とも呼ばれ、添削業務は、模擬試験や進学塾の答案、通信講座の課題などを、正しく直す仕事です。

 

俗に「赤ペン先生」と呼ばれている人になるということです。

 

対象となるのはほとんど中学生から大学受験生までです。

 

添削の仕事は、添削指導方法は、普通はマニュアル化されていますが、添削者自信の学識も求められます。基本的には大卒か大学在学中が条件です。

 

過去に、家庭教師のバイトなどをした経験がある人は始めやすいでしょう。

 

添削業務を請け負うには、通常、添削委託先の会社の採用試験があり合格することが選考の最低基準です。

 

採用試験では、手書きが主流のため、まずは字が大切です。

 

ただし、美しければいいというわけではなく、心のこもった丁寧な字を書くことが大切です。

 


添削は欠員待ちの在宅ワーク-2

温かいメッセージを書いてあげられることが、顔の見えない添削者として最も求められます。

 

添削の委託業務に合格したら、週単位で生徒の答案用紙が送られ在宅で添削を行い納品します。

 

報酬は出来高制で、枚数をこなすことで、添削1枚あたり 400円〜700円くらいです。

 

当然ながら、報酬は難易度によって変わります。

 

添削業務ではコメントを書くことがほとんどです。

 

限られた文字数でいかにわかりやすく伝えたいことを伝えられるかが非常に重要です。

 

添削の一番人気は英語です。

 

したがって英語の添削業務に対する倍率はかなり高いです。

 

添削を募集する英語関連会社は具体的には、進研ゼミ、Z会、旺文社などです。

 

ただ、常に添削の仕事の募集があるわけではありません。

 

欠員が出ると再募集という形が多いので、添削関係の仕事をしたい方は常に、通信教育の会社のホームページをこまめにチェックしてみてください。

 

各社それぞれ不定期に、添削者募集の広告を出します。

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトポリシー 第三者広告について 個人情報保護による表記 運営者情報