在宅ワークでの宛名書きの今後-在宅ワーク入門とガイド

在宅ワークでの宛名書きの今後

在宅ワークガイドをテーマに参考情報を集めたサイトです。在宅ワーク記事の本題です。

 

宛名書きといえば、在宅ワークの職種の中でも代表的なものといえるでしょう。

 

ひと昔前ならば、「内職ならば宛名書き」というくらい、在宅ワークの一番手だったのではないでしょうか。

 

数ある在宅ワークのなかでも、宛名書きは、作業場所をそんなにも必要としないものです。

 

そして、一通一通の仕上がり具合が、書き手の達成感にも繋がりますから、在宅ワークというものの、働き手にとっては充実感があるものです。

 

また、文字を書くのですから、それなりに美しい仕上がりが期待できる実力も必要とされる在宅ワークでしょう。

 

この在宅ワークの仕事の流れは、依頼主の業者から便箋やはがきなどの記入物と、名簿が送られてきて、期日までに記入を済ませ、一式を郵送で送り返すといった形です。

 


在宅ワークでの宛名書きの今後-2

他には、お中元やお歳暮のシーズン前に、街の果物やさんといった店舗が、お得意様へ向けて、季節商品の紹介DMを発送するときなど、近所に住む知り合いの主婦に、在宅ワークとして、お仕事を依頼するというケースもあります。

 

この場合の仕事は、年間を通しての在宅ワークではありませんが、お小遣い稼ぎ程度にはなるでしょう。

 

宛名書きの在宅ワークでは、宛名書きだけではなく、ご挨拶や、商品案内の印刷物を封入するといった仕事までを依頼されることが多いのではないでしょうか。

 

しかし、パソコンで、印刷文字を入力すれば、あっという間に宛名が印字される世の中の変化により宛名書きという在宅ワークの需要がことごとく減っているのも確かです。

 

また、個人情報に関する点からも、宛名書きはほとんど存在しない在宅ワークと化していくのかもしれません。

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトポリシー 第三者広告について 個人情報保護による表記 運営者情報